各社様の複合機と楽2ライブラリが連携したソフト

docsearchlogo

既にお持ちの複合機と

楽2ライブラリを連携してバインダに自動登録できます

docsearchlogo

特長

  • 複合機を有効活用したオフィスのペーパレス化を容易に実現できます。

  • 複合機側の液晶パネル操作だけで誰でも簡単に楽2バインダに登録ができます。

  • バインダの自動作成や検索のためのキーワードを付与して登録することもできます。

メイン登録画像

複合機の液晶パネルからスキャン文書の送信先のフォルダを選択してスキャンします。

Scan To 楽2ライブラリは、常時フォルダを監視しており、スキャン文書が送信されると対応するバインダに自動登録します。

導入実績済の複合機

  • リコー imagio MPCシリーズ

  • キャノン ImageRUNNER ir-ADVシリーズ

  • ゼロックス ApeosPortシリーズ

  • 東芝テック e-STUDIOシリーズ

  • シャープ MXシリーズ

  • 京セラドキュメントソリューションズ TASKalfaシリーズ

  • コニカミノルタビジネスソリューションズ bizhubシリーズ

機能

楽2バインダ自動登録機能

image02

複合機でスキャンした文書を、楽2ライブラリのバインダに自動登録します。

複合機側でスキャン文書の送信先フォルダを、楽2ライブラリの書庫名/キャビネット名/バインダタイトル名で指定します。

複合機から転送されてきたスキャン文書は、自動で楽2ライブラリの指定されたバインダに登録されます。

楽2バインダへのキーワード登録機能

image03

複合機でスキャンした文書を、画面に表示します。

楽2ライブラリの書庫名/キャビネット名/バインダタイトル名を指定します。

検索に必要なキーワードを付けて登録します。

キーワード検索機能

image04

登録時に指定したキーワードで文書を検索します。

複数のキーワードを指定してAND条件で検索したり、絞り込み検索が可能です。

検索結果は一覧表示され、キーワード項目ごとに並び替えて表示させることができます。

表示させたい文書を一覧から選択すると、該当するページがバインダの見開きで表示されます。

楽2バインダの一覧表示機能

image05

バインダごとのプロパティ情報を一覧形式で表示します。

検索用データベースとの整合性も併せてチェックできるので、整合性に問題ないかを確認することができます。

一覧に表示される項目:

書庫名、キャビネット名、バインダタイトル、ラベル色、ラベル文字、ラベルタイプ、開く方向、 管理情報上段、管理情報中段、バインダ作成日付、最大収容ページ、現在の登録済ページ数、バインダの相対パス

楽2バインダの自動作成機能

image06

バインダ作成用ファイルをEXCELで作成し、このファイルを元に空のバインダを自動で作成します。

年度ごとに、新規に同じタイトルのバインダを作成する場合にEXCEL表を編集するだけで容易に空バインダを追加できます。

まるごとバックアップ/復元機能

image07

楽2ライブラリのリンクフォルダ(文書格納フォルダ)と動作環境をまるごとバックアップします。

過去のバックアップ履歴や各フォルダごとの容量などを事前に確認できます。

バックアップ先から、同一PCはもちろん、別のPCにまるごと復元できます。

FAX受信ドキュメンの自動登録機能

image08

FAX受信文書を複合機のアドレス帳に登録されている送信元のFAX番号に対応したバインダに振り分けて保管します。

アドレス帳に未登録FAXは「その他FAX」、非通知FAXは「発信元不明FAX」に振分られます。

受信したFAX文書は、受信日、送信元名称、FAX番号などで検索でき、必要に応じて印刷や削除が行えます。

お問い合わせ
Scan To 楽2のお問い合わせは、右記のボタンからお申込みください。
Scan To 楽2のお問い合わせは、上記のボタンからお申込みください。